本文へスキップ

尿漏れ予防・改善体操

TEL. 090-1211-0042 大分県速見郡日出町川崎1612-1

 シンプルな体操で改善


■尿失禁の種類

      
 
加齢とともに、尿漏れに悩む人は多いもの。成人女性の4人に1人は、尿漏れを経験したことがあるそう。また男性では、50代60代の3人に1人、70代では人口の半数近くが経験者とも。女性と男性では原因が異なり、女性はくしゃみなどでおなかに力が入ると漏れてしまう「腹圧性尿失禁」が多く、男性では排尿後に尿道内に残留した尿が漏れる「排尿後尿滴下」がトップなのが特徴です。また男女ともに突然強い尿意を感じたら、我慢できずに尿がもれてしまう「切迫性尿失禁」が次に続きます。

■女性の尿失禁の原因
女性の「腹圧性尿失禁」の原因は、骨盤内の膀胱をはじめとする各臓器を支える骨盤底筋が、妊娠や出産でゆるんでしまったから。骨盤底筋が緩むと、膀胱は支えるものがないため下がってしまい、そのため少しでもおなかに力が入ると尿道が開いて、尿漏れを起こしてしまいやすいのです。また排尿をコントロールする脳の指令が膀胱に正確に伝わらなかったり、膀胱が脳の指令とは無関係に勝手に収縮することで「切迫性尿失禁」が起こります。

■男性の尿失禁
排尿後に尿道内に残留した尿が漏れる「排尿後尿滴下」の原因は、尿道をしっかり閉める筋肉が衰えることから起こります。この筋肉が衰えることで、尿道に尿が残りやすくなり、尿漏れに。また女性同様、脳の指令とは関係なく、膀胱の勝手な収縮や、前立腺肥大により「切迫性尿失禁」が起こります。

■尿漏れ予防「骨盤底筋」体操
女性の尿漏れはもちろん、男性の尿漏れも、膀胱と尿道に深い影響を与える骨盤底筋を鍛えることで、緩和されていきます。

・やり方
「骨盤底筋体操」の基本ポーズ

(1)両ひざを立てて、仰向けに寝ます。足は肩幅くらい。腕は体のわきに添えます。

(2)息を吐いて肛門をしめます。

(3)同時に女性は膣と尿道、男性は男性器の付け根をしめて、イメージで頭の方へ引き上げます。

(4)息を吸って体をゆるめます。

(5)上記を10回間繰り返します。体力に合わせて行ってくださいね。


■ステージアップ版

これはヨガの橋のポーズに似た方法です。腰の高さなど無理せず、できる範囲でゆっくり行ってください。

(1)仰向けになり膝を立て、足は肩幅、腕は体のわきに添えます。
「骨盤底筋体操」ステージアップ版の基本ポーズ

(2)息を吐きながら肛門をしめて、女性は膣と尿道、男性は男性器の付け根を、イメージで頭の方へ引き上げます。

(3)息を吸いながら掌を下にして体を支え、おしりを浮かせます。腰の高さは、絶対に無理をしない高さで。
「骨盤底筋体操」ステージアップ版2番目のポーズ

(4)そのままの姿勢で5つ呼吸をします。きつかったらできる範囲で行ってください。

(5)息を吸いながら、お腹をしめたまま、おしりを床につけて、息を吐いて脱力します。
「骨盤底筋体操」ステージアップ版3番目のポーズ

(6)上記を5回行いましょう。
   


 

 痛み専門の日出の気功整体院


腰・膝・肩など痛み専門の
日出の気功整体院「むくらい」



〒879-1505
大分県速見郡日出町川崎1612-1
予約事務局電話0977-72-6004
院長携帯090-1211-0042
むくらい」とは
豊の国(大分県)に伝わる
古伝神話の癒しの神様の
名前です。