本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

風邪の知恵袋

せき・たん


せきやたんがとまらない。
助けて〜!おばあちゃん。

風邪のせき・たんの解消法




ハイハイ、
お答えしまーす。
■その1「生のにんじん」


生のにんじんがせきを解消。

「のどの痛み」のところでも、
ご紹介しましたが、
生のにんじんには、気管支の粘膜を
強くして免疫力を高める働きが。
おすすめはそのまますりおろして、
食べる方法です。
紅茶にすりおろしたにんじんを入れた、
「にんじん紅茶」もいいですよ。

にんじんにんじん紅茶



その2「手足湯」

せき・たんには「手足湯」がいい。

意外ですが手足を温めることで、
免疫力が強化されて、
せきが改善されるのです。


(1)少し熱めのお湯(42度くらい)を
   洗面器に張って両手をつけます。
   ぬるま湯はだめ。
 洗面器にお湯を張るお湯に手を入れる


(2)しばらくすると額や首に汗が
   出てきます。
   お湯が冷めてきたらさし湯をします。
   15分ほどお湯に手をつけておきます。
    熱めのお湯を使うこと
  足し湯をする  湯が冷めたら足し湯 


(3)足先も同じようにして、
   熱めのお湯で温めます。
   足先もお湯につける


(4)手足が温まったら、
   お布団をあったかくして、
   ぐっすり休みましょう。
   ぐっすり安眠
   


その3「ぎんなん」

せき・たんにぎんなん

せきやたんが続くときは、
昔からぎんなん5、6個を、
焼くか煮るかして食べるとよいと、
いわれています。
ただし多食はかえって体に毒なので要注意。
ぎんなん


バナースペース


おばあちゃんの知恵を語ります。

 藤村俊二
 第1回 藤村俊二さん 

 橘家円蔵師匠
 第2回 橘家円蔵師匠

 松平直樹
第3回 松平直樹さん

 おばあちゃんの知恵を語る-森山周一郎
第4回 森山周一郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る−山本文郎
第5回 山本文郎さん

 村松英子
第6回 村松英子さん

 大空眞弓
第7回 大空眞弓さん

 おばあちゃんの知恵を語る-川又三智彦
第8回 川又三智彦さん

 おばあちゃんの知恵を語る-ペマ・ギャルポ
第9回 ペマ・ギャルポさん

 おばあちゃんの知恵を語る-細川佳代子
第10回 細川佳代子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-坂上二郎
第11回 坂上二郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る-北斗 晶
第12回 北斗 晶さん

 おばあちゃんの知恵を語る-車だん吉
第13回 車だん吉さん

 おばあちゃんの知恵を語る-矢追 純一
第14回 矢追 純一さん

 おばあちゃんの知恵を語る-及川眠子
第15回 及川眠子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-船井幸雄
第16回 船井幸雄さん

 おばあちゃんの知恵を語る-庄野真代
第17回 庄野真代さん