本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

厳寒期の身近な健康法

 


番茶で風邪予防

今の季節、なんといっても、
風邪やインフルエンザが
心配ですね。
外から帰ったらまず手を洗って
それからうがいをすること。
これが一番確実な予防法です。
うがいをするとき
うがい薬ではなく、
番茶を用いると、
薬に負けない効果があるうえに
経済的ですよ。
番茶には殺菌効果のある成分、
カテキンが豊富に含まれていて
これが菌を殺してくれます。
このとき、番茶に少量の塩を
入れると、塩の殺菌力と
消炎効果が加わって、
いっそう効果があがります。
また少し風邪っぽいときは、
湯飲みに梅干し1個を入れて、
上からたっぷりの番茶と
少量のお醤油を注ぎ、
梅干しをほぐしながら飲む
「梅醤番茶」が体を温めます。
これは昔から伝わる、風邪よけ
のお茶として有名です。

免疫を高める酒粕

冬の健康食として、
ぜひお奨めしたいのが酒粕。
酒粕には免疫を活性化させる
働きがあり、風邪や体の冷えを
防いでくれます。
だし汁で具材を煮て、
酒粕を溶かす粕汁のほか、
酒粕を溶いて作る甘酒など、
楽しみ方もいろいろ。
寒い季節には、
毎日口にしたい食品です。

ゆず湯で温まる
 
あまりに寒いと体が縮こまり、
肩こりや、ひどい時には
筋肉痛になってしまうことも。
こういう時は体を芯から温める
お風呂にはいると、
体がほぐれて、
滞った血流も回復します。
冬のお風呂にぜひお薦めなのが
「ゆず湯」です。
ゆずの皮には血行を促促し、
保温効果のある精油成分が
含まれているので、
肩こりや筋肉痛、神経痛に
悩む方はぜひお試しを。
「ゆず湯」の作り方は簡単です。
料理などで使ったゆずの残りの
皮を、そのままお風呂に浮かべ
るだけ。ただし数が多すぎたり
湯船の中で、ゆずを絞ったりす
ると、肌を刺激するので注意。
またゆずの皮を古ストッキング
に入れて、口をしっかりしばる
と、あとのお風呂掃除が簡単ですよ。
鍋物など、ゆずを使った料理の
夜はぜひ試してみてください。

喉の炎症に大根アメ

風邪をひいて喉が痛いときには
昔かの特効薬「大根アメ」が
ありますよ。
大根アメは、ハチミツと大根を
使ったアメというよりも、
飲み物です
さいの目に切った大根を、
蓋つきのガラスの容器に入れて
上からハチミツを大根がひたる
ほどに注ぎます。冷蔵庫に一晩
置くと上澄みがでますので、こ
の上澄みの汁を適量飲みます。
ハチミツには抗酸化作用や抗菌
作用があり、喉の炎症を抑えま
す。また大根にはビタミンCをは
じめ、喉の炎症を抑えるアリル
化合物が含まれています。
こうした知識はなくても、その
体験から昔のおばあちゃんは、
大根アメを考えついたのです。