本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

 脳梗塞をぶっ飛ばせ!友の会

再発を防いだ私の体験談 参田峰秋

                              
■再発を防ぐ「イキイキ心」と「仲間」について
 
脳梗塞の再発を防ぐためには、体のリハビリだけでは不十分です。私は、今日をイキイキ生き抜く、ハツラツとした心のエネルギーを持てるかどうかが、カギだと考えています。 多少辛くても、体のリハビリはダレにでも実行できますが、このイキイキした前向きの心を持つことは、状況が状況だけに、誰でもできるというわけにはいかないようです。しかし心は確実に、体の細胞に影響を与えます。
 
 心のストレスが脳梗塞をはじめ、癌、心臓病などの生活習慣病の元凶になっていることは、周知の事実です。私の発病も、このストレスが原因であったと感じています。それまでの自分は、余りにも「No!」の世界が多過ぎました。職場の中で、また仲間に対して、そして、ある時は家庭においてまでも、「ダメ!」「ウルサイ!」「ゴチャゴチャ言うな!」全てこれでした。私の心電図は毎日大変だったでしょうね。「No」の世界が自分を興奮させ、いら立たせ、ストレスをためていく原因となっていたのです。しかし同じ「No」を言うのでも、まずは相手や状況を素直に認めて「Yes」の心で受容し、その柔らかな心で相手のためを考えて「No」を出す方法もあることを、この病気は私に教えてくれた様です。

 長い苦しみから得た、小さな、しかし私にとっては貴重な悟りでした。この私なりのストレス防止策の発見が、結果として再発防止、再起への原動力になっていったことを私は強く感じ取っています。
 
 前述のとおり脳梗塞に打ち勝つためには、生命力あふれる強靭な感情を作り上げなければ、体の自然治癒力や免疫力は、強化されません。とはいえ、今ではえらそうなことをかくいう私ですが、当時は手足の動きは鈍いし、そういうわが身が情けなくて、退院後の半年間くらいは、その辛さに何度も涙を流したものです。心は暗黒の世界に住み、正直言って、とてもイキイキどころではありませんでした。
 
ああ、精神的に立ち直りたい―。当時の私はその一心で、大病を患いそれを克服した人たちと、触れ合う機会さえあれば積極的に足を運び、その話に耳を傾けていました。そして気がつくと、いつしか私のまわりには、素晴らしい仲間の輪ができていたのです。
 
 自分ひとりではないんだ。自分にはこの苦境越えを手伝ってくれる仲間がいてくれる―。不安にさいなまされ、眠りにつくことができない夜などはそう考えるだけで、心に光明が差し込んできたものです。そうなると人間は、強くなっていきます。びくびくしていた心が、病気をしっかり受け止めていったのです。神経が少しずつ太くなり、いい意味で居直ったのでしょうか、気がつけば最悪な体の状況に対しても、いちいち心が動かなくなっていました。

 結局この気持ちの変化がよかったのだと思います。毎日をなんだかイキイキ生きていけそうな、そんな心になっていったのでした。
リハビリが楽しく、いつの間にか頭の中は、病気が癒えた未来の自分の生活を描いていて、その夢に向かってまっしぐらに進む強い自分がいました。何度も云いますが、このハツラツとした心が、私の再発を防いでくれた大きな要因になったと確信しています。

 神様でも仏様でもない、自分の心―。そして仲間たち。私は再発の不安に悩んでいた私の真っ暗闇人生に、光を与えてくれたこの「イキイキ心」、そして病魔をいっしょに打ち破ってくれる「仲間」という存在を皆様に伝えたく、脳梗塞という病気は、高血圧が引金だったり、糖尿病からの発病だったりと、その原因はひと様々です。ですから自分と同じような経緯の発症者が、再発をどのようにして防止してきたか、その体験談やアドバイスに耳を傾けることが、再発を食い止める最良の道。その道を提供するのが、「脳梗塞をぶっ飛ばせ!」友の会です。

「この先自分はどうなるんだろう」「再発は本当に避けられるのか」。不安というものは、先が見えない状況から起こります。その「先」を知っているのは、脳梗塞を身をもって体験した先輩方です。不安を解消するという点から言っても、体験者の話やアドバイスは、大きな力となるでしょう。

 当会は脳梗塞で倒れながらも、自らの努力で再発を防ぎ、日常生活へ復帰していった脳梗塞経験者のコミュニティです。再発の不安に悩むあなたへ、私たち経験者が、再発を阻止できた自分の実体験に基づくアドバイスを送り、再発防止にいっしょに取り組んでいきたいと願っています。あなたが脳梗塞という病をたくましく潜り抜け、やがては同じ悩みを持つ方へのアドバイザーへと成長していただければ、主宰者の幸せ、これに優るものはありません。

■メールでのご相談は
@氏名 
A生年月日 
B年齢 
C性別 
D脳梗塞にかかられるまでの経緯 
E特に相談したいこと 
Fその他(何か質問があれば)
をご記入下さい。
>>メールでのご相談はこちら

脳梗塞をぶっ飛ばせ!
友の会会長 参田峰秋