本文へスキップ

暮らしに役立つおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

アクセサリーの修理・保管


アクセサリーのイラスト

1もつれたネックレスは
細いチェーンネックレスがもつれたり、からまったりしたときは、無理して引っ張ると、切れてしまうから用心して下さい。こんな時はベビーパウダーをふりかけてみましょう。そのあとに両手でもむようにしてほぐしていくと、もつれが簡単にほどけますよ。

2真珠の首飾りの糸が切れた
真珠や色玉などのネックレスの糸が突然切れた時は、あわてます。でも釣りで使うテグスを用いると、自分で修理が。1号くらいの細いテグスだと、ナイロン製なので外からは目立たず、テグス自体がとてもが強いので、珠に通すとき針もいりません。テグスは釣具店で購入できます。

3黒ずんだ銀のアクセサリー
銀のアクセサリーは、空気にさらした状態で保管した場合には、酸化により黒ずみが出ることがあるので注意して。保管するには空気が入らないように、アクセサリーをひとつひとつアルミ箔に包んで、保管しておくといいのです。もしも黒ずんでしまったら、金属以外のトレイや容器にアルミホイルを敷いて、その上に銀製のアクセサリーを置きます。そこへ重曹大さじ2杯から3杯をカップ1杯の熱湯で溶かしたものを流し込むと、イオン効果により黒ずみがとれて、元の輝きが戻りますよ。

4宝石を保管する際の心得
宝石の保管
宝石の保管には、十分気をつけて下さい。特に脱脂綿で宝石を包むことは絶対に避けて下さい。脱脂綿には漂白作用がありますから、真珠やサンゴ、トルコ石などは、変色してしまって大変です。

指輪の保管
指輪の保管にも気をつけて。宝石箱の中でぶつかり合うと、傷がついてしまいます。そこでフェルトの布を活用しましょう。筒状に巻いて、そこにいくつか指輪を通しておくのです。そのまま宝石箱の中にしまっておけば便利ですよ。

ピアスの保管
ピアスは小さいので、なくしがちですね。保管には細かく仕切られた製氷皿を使いましょう。また発泡スチロールの板を適当な大きさに切って、ピアスを一組ずつ刺して留めておく方法もいいですよ。