本文へスキップ

暮らしに役立つおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

自然な素材でボディケア



おばあちゃんの知恵が教えるボディケアは、化学成分を使った化粧品は使いません。まだたっぷり美容成分が残っている果物の皮だったり、栄養豊富な牛乳、そして野草などです。天然成分の自然な素材ばかり。安心してあなたの体を効果的に美しくケアできます。

−目次−
残った果物の皮で全身エステ
ひじ・ひざの黒ずみはレモンで
肌に刺激を与えるへちまたわし
みかんの皮のみかん風呂
「牛乳に浸す手浴」でしっとり手
肌すべすべの薬湯
 ・ゆず湯
 ・よもぎ湯
 ・菖蒲湯
 ・椿湯



【1】全身エステを果物の皮で

果物には肌に潤いを与えるビタミンやピーリング効果のあるフルーツ酸などがたっぷり。果物の皮にも、こうした成分が生きています。皮は捨てずに、エステの天然薬剤として利用しましょう。
・スイカやメロンの皮
すいかやメロン、リンゴの皮には、美肌作用のフルーツ酸が豊富です。入浴時には皮の内側を肌に当てて、くるくる円を描いてマッサージします。

【2】ひじ・ひざの黒ずみはレモンで

黒ずみ解消の働きを持つのがビタミンCです。ご存じのようにレモンはこの成分の宝庫。ひじ、ひざの黒ずんだ部分にレモンをあててこすりましょう。料理に使った搾りかすでもOKですよ。

【3】肌に刺激を与えるへちまたわし

へちまたわしは昔から使われてきた天然たわしです。入浴時、へちまたわしでマッサージする心地よさは格別。素肌に刺激を与えて、ハリを戻します。


【4】みかんの皮のみかん風呂

みかんの皮には、肌荒れを癒す天然ビタミンが。みかん風呂の入り方は簡単です。みかんの皮を細かくちぎって天日に干し、乾燥したらそれを布袋に入れてお風呂に浮かべるだけ。血行を促進して、冷え予防にもなります。また皮でかかとやひじ、ひざのかさつく部分をこすると、角質ケアになりますよ・
・注意点
みかんの皮の精油成分リモネンが、人によっては、肌をピリピリ刺激することが。そういう場合はひりつく部分をよく洗い流して、みかん風呂は中止して下さい。


【5】「牛乳に浸す手浴」でしっとり手

牛乳にはガセインというピーリング作用のたんぱく成分が。また肌にハリや弾力をつくるビタミンB2や、肌の乾燥を防いで保湿力を増すビタミンAがたっぷりです。クレオパトラも牛乳の美容効果をよく知っていて、牛乳風呂を愛好していたといわれます。さて牛乳手浴はお湯とお湯の10%の量の牛乳を洗面器に入れて、その中に手をひたすというもの。15分ほどつけておきましょう。荒れた手がしっとりとしてきますよ。またひじやひざのかさつく部分には、洗面器に浸したタオルをあててパックします。

【6】肌すべすべの薬湯
昔から伝わる薬草を使ったお風呂には、美容効果が高いものが多くあります。日本古来のボディケアを楽しんでみませんか?

ゆず湯

「冬至にはいるとその年は風邪をひかない」といういい伝えで有名なゆず湯ですが、実は健康効果だけでなく、美肌をつくる働きも。ゆずに豊富なビタミンCはシミ、そばかすの原因となるメラニン色素の沈着をおさえるほか、成分のヘスペリジンが、すべすべぷるぷるの素肌のもとコラーゲンの合成を促進します。ゆず湯は2個分のゆずの輪切を湯船に浮かて入ります。料理で使ったあとのゆずでもOKです。体を温めて冷えを取る働きもあります。なおゆずの精油成分リモネンが肌をぴりぴり刺激する場合は、お湯を入れてゆず湯を薄めるか、入浴を中止して下さい。

よもぎ風呂

よもぎは血流効果を促進させる薬草です。わが国では肌のトラブルの治癒には、昔はよもぎを使ってきました。よもぎの成分のクロロフィルは殺菌力が強く、ニキビを作るアクネ菌などをおさえ、肌の炎症をしずめます。また肌のビタミンといわれるビタミンAやCもたっぷり。よもぎ湯は摘んだあと、洗ったよもぎを乾燥させて、布袋か洗濯ネットに入れて浴槽へ浮かべます。葉を乾燥させるのは、保存する際にかびがつかないためです。保存しない場合は、生葉を入れた布袋を、お湯に浮かべても。追い炊き機能のある風呂釜なら、水の中に洗濯ネットを入れておいて沸かせば、よりよもぎの効果が高くなります。

菖蒲湯

端午の節句で有名な菖蒲湯ですが、あの爽やかな香りは、肌にも本当に良さそうですね。実際菖蒲の葉にはアザロン、オイゲノールといった血行を促進して美肌効果のある香り成分がたっぷり。リラックス作用もあるので、疲れた女性の肌のケアには、お奨めの薬湯といえます。
菖蒲湯は、生葉をお風呂に入れるのが一般的ですが、より薬効を期待したいなら、葉や根を刻んで布袋か洗濯ネットに入れてお湯の中に入れます。細かく刻んだ部分から、成分がお湯に溶けて、薬効が高まるというわけです。また刻んだ根や葉を鍋で煎じて、その煎液をお風呂の湯の中へ入れると、効果は抜群です。風呂釜に追い炊き機能があるなら、根や葉を入れた洗濯ネットを、浴槽に張った水の中に入れてから沸かしても。

椿湯

椿の葉には高い抗酸化力や、コラーゲン合成促進作用、
さらに肌のターンオーバーを促進する効果などがあり、肌に良い植物です。椿湯はこの椿の生葉を使ったお風呂。椿の葉をはさみで三分割にしたものをひとつかみ分、布袋に入れてお湯に浮かべます。煎じた液をお風呂にいれても。