本文へスキップ

風邪の熱の手当

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

熱を冷ますおばあちゃんの知恵

熱が高いよ~!
助けて!おばあちゃん。


つらい発熱で苦しむ女性のイラスト




ハイハイ、まかせなさい。

■その1「38℃台の熱には青菜湿布」

青菜湿布を教えるおばあちゃんのイラスト

青菜湿布は、発熱時、額にのせた青菜で、熱を下げる昔からの方法です。青菜が水分を蒸発させるとき、いっしょに体の熱も奪うので、それで熱が下がるのです。氷で冷やすよりも、気持ちがいいのですよ。

・青菜湿布のやり方

(1)青菜を額に乗せる
青菜を額にのせます。青菜の代わりにキャベツの葉を、額に広げてもOKです。

   青菜を額に広げたところの写真

(2)青菜をタオルで固定する
タオルや手ぬぐいで、青菜が、頭から落ちないように固定しましょう。これで完了です。青菜が熱でぐったりなったら、新しいものと取り替えます。38℃台までの熱に使ってくださいね。

   青菜をタオルや手ぬぐいで固定した写真



■その2「39度以上の熱には豆腐湿布」

豆腐湿布を説明するおばあちゃんのイラスト

39度以上の高い熱には豆腐湿布。これも昔から伝わる、熱さましの方法です。豆腐の水分が蒸発して体の熱を奪うと同時に、材料に使ったショウガの発汗成分が汗を促す、風邪治療にはぴったりの熱さましです。

・豆腐湿布のやり方

(1)水を切った豆腐にすりおろしショウガ
豆腐1丁の水をしっかり切って、豆腐の1割にあたる量のすりおろしたショウガを加えます。

 水を切った豆腐のイラスト すりおろしたショウガのイラスト


(2)混ぜ合わせる
これをボウルの中で混ぜ合わせながら、小麦粉でみみたぶくらいの柔らかさに調節してください。


   豆腐とすりおろしショウガと小麦粉を混ぜ合わせたイラスト

(3)ガーゼに包んだ豆腐を額に乗せる
2センチくらいの厚さにした豆腐を、ガーゼに包んで額のせます。青菜湿布のように上から手ぬぐいかタオルで固定してください。(写真はガーゼにくるんだ豆腐を、額にのせたところです。)1時間ごとに新しいものと取り換えましょう。

    豆腐湿布をしているところの写真
    


■その3
「急ぐ場合は動脈を冷やす」


動脈の冷やし方を教えるおばあちゃんのイラスト

最速で熱を下げたい場合は、保冷剤や氷をビニール袋に入れて、それをハンカチなどで包んで、首やわきの下、鼠けい部の動脈を冷やします。ここは熱中症の時に、応急手当で冷やす場所。効き目は強力ですよ。下図は冷やす場所です。

冷やす部分の動脈のイラスト