本文へスキップ

のどの痛みをとるおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

大根、ニンジン、ネギが効く!

のどが腫れて痛いんです。
腫れや痛みの取り方、
教えて~!おばあちゃん。


のどが腫れて痛い女性のイラスト




ハイハイ、まかせなさいな。
■その1「大根はちみつ」
のどの痛みにはドンピシャ効く、「大根はちみつ」がおすすめだよ。大根の成分イソチオシアネートには、のどを殺菌して炎症を鎮め、痛みを止める働きが。大根は昔からのどのトラブルにはもってこいといわれてきた食材です。またはちみつにも、成分のグルコン酸による炎症を抑える作用や、痛みを軽減してくれる働きが。「大根はちみつ」は、この二つの力で、のどの腫れや痛みを緩和してくれるのです。

■大根はちみつの作り方は
 簡単です。

(1)大根1/4本を2センチ角に切ります。
   大根を切っているイラスト

(2)切った大根を密封容器に入れて、
   上からはちみつを、
   かぶる程度にかけます。
   
(3)冷蔵庫にひと晩置いて、
   うわずみの液を小さじ1杯ほど
   飲みます。
   はちみつのイラスト


■その2「すりおろしにんじん」

のどが痛い時は、生のにんじんもいいのですよ。生のにんじんの成分のβカロテンが、気管支の粘膜を強化する働きがあるのです。すりおろしてそのまま食べると、のど風邪が気管支炎に悪化するのを防いでくれますよ。生が苦手な方は、しぼって大さじ2杯ほどの、汁を飲んでみましょう。

すりおろしたにんじんの写真


■その3「焼きネギ」

ネギの強いにおいのもととなる、ネギの成分、硫化アリルには、のどの炎症を緩和する働きが。この硫化アリルを、のどの改善に用いるにはネギの白い部分を5センチほど切って、コンロで焼いて、それを手ぬぐいやタオルにくるんで、首に巻きます。すると揮発した硫化アリルが、口や鼻から吸収されて、のどの痛みが改善されていくのです。和製のどのアロマテラピーです。

ネギを焼いているイラスト 焼いたネギを首に巻いた女性のイラスト
コンロのイラスト
 ネギを焼いて    首に巻きます


■その4
「すりおろしにんにく」


にんにくにも、流加アリルがたっぷりです。のどの痛みや腫れに効きますよ。にんにく100gをすりおろしたものに、黒糖50g、はちみつを茶さじ10杯ほど加えます。毎朝スプーン1杯を飲みます。刺激が強い時は、お湯を足して調節して下さい。

ニンニクのイラスト


■その5「梅エキスを常備」

梅には、のどの不快感を緩和するほか、疲労回復にも効果があるクエン酸やリンゴ酸がたっぷり。容器の1/3に梅を入れてホワイトリカーを満たし、三か月ほど漬けたら、梅エキスが出来上がり。常備しておけば、不調を感じたときに役立ちますよ。

青梅のイラスト


■その6「きんかんの甘煮」
きんかんはビタミンAとCがたっぷりの果実。せきやたん、のどの痛みを止める働きで、昔から重宝されてきました。きんかん200gときんかんがかぶる程度の水を鍋に入れて火にかけます。水が半分になったら、砂糖100gを加えて、とろみがつくまで煮込めばできあがり。冷ましたら、冷蔵庫保管を。1日に5個ほど食べましょう。酸味がある、さわやかな甘みを楽しめますよ。

きんかんのイラスト


■その7「番茶でうがい」
番茶には殺菌作用のあるタンニンが含まれています。市販のうがい薬がなくても、番茶があればOK。番茶うがいは簡単です。いれた番茶をコップに注ぎ、ひと肌程度に冷ましてうがいをするだけです。番茶以外でもタンニンを含んでいる紅茶でも同様の効果がありますよ。なお効力アップをはかるなら、番茶は三年番茶を使いましょう。その三年番茶を鍋で番茶を煮だした中に1%くらいの塩を入れて、うがいをすれば、のどがスキっとして風邪予防にもなります。
番茶の写真


■その8「梅酢でうがい」
梅酢とは梅干しを作る際に、塩漬けした梅から生まれる酢で、のどの痛みによいクエン酸が豊富です。のどが痛んだり、腫れたりした時は、梅酢でうがいをすれば、効果てきめんですよ。方法は簡単。小さじ1の梅酢をコップ1杯の量のぬるま湯で割って、がらがらとうがいします。またクエン酸は疲労回復効果も高いので、体がだるいときは、お湯割りを飲んでみましょう。疲労は風邪の原因です。疲れや風邪の兆しを感じたら、梅酢でうがいやお湯割りで手当てをしておきましょう。自宅に梅酢がなければ、市販のものでも効果があります。
梅酢の写真


■その9「枇杷の葉エキス」

枇杷の葉が様々な効果があることは有名です。咳やたんをとったり、あせもに効果があったり、胃の働きを強化したり、鼻詰まりや鼻炎を抑えるなど、八面六臂の活躍をします。のどの痛みにももちろんOK。枇杷には様々な栄養が含まれていますが、とりわけビタミンB17と呼ばれるアミグダリンは、炎症をいやす強い力があります。のどが痛い時、枇杷の葉エキスをスプレーボトルに入れて、喉の奥にめがけてシュッシュッと噴霧すれば、腫れや痛みが消えていきます。乾燥しがちなホテルや飛行機で眠るときは、これさえあれば本当に安心ですよ。

・枇杷の葉エキスの作り方

(1)枇杷の葉 を30枚用意します。できれば冬に採集したものが栄養をいっぱいに含んでします。
採集した枇杷の葉の写真
 

(2)枇杷の葉を水洗いします。できれば写真のように固く絞った濡れ布巾で汚れを取るのが理想的です。
濡れ布巾で汚れを取る写真


(3)葉を5センチくらいに刻みます。
5センチに刻んだ枇杷の葉の写真


(4)成分がより出るために手でもみます。
手で枇杷の葉をもむ写真

(5)1.8ℓのホワイトリカーに漬けます。
1.8ℓのホワイトリカーに漬け込んだ写真

(6)三か月寝かせるとさらしのふきんでこして用います。枇杷の葉エキスはのどの痛み他、体が痛い部分に吹きかけても。また盃1杯を健康維持で飲んでもOKです。このエキスをお風呂に入れると体ポカポカの枇杷湯になりますよ。