本文へスキップ

暮らしに役立つおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

身近な食材でヘアケア

自然な成分髪しっとり



 ゆで汁・卵白でヘアケア オリーブオイルでヘアケア

おばあちゃんの知恵が伝えるヘアケアは、台所の身近な食材の成分を使って行います。化学薬品でないから安全安心です。ヘアケアのあと、髪が元気で美しくなっているのを感じますよ。


【1】ゆで汁シャンプー
うどんやパスタなどをゆでたあとの「ゆで汁」は頭皮をきれいに仕上げるシャンプーに。うどんやパスタなどをゆでたあとのゆで汁で髪を洗うと、成分の「ガンマグロブリン」とよばれるタンパク質が、界面活性剤の働きをして、頭皮の油分を洗い落としてくれます。ゆで汁で洗髪した後、少し放置した後にお湯ですすいでください。

【2】卵白シャンプー
卵の白身は、枝毛、抜け毛など、髪の毛のトラブルを解消してくれます。手入れをするには、ショートヘアの場合は2個分、ロングヘアは4個分の卵白を使います。ボウルに白身をあけてかきまぜ、髪を湿らせた後に、頭皮と神にすりこみます。10分ほどそのままにしたあと、ぬるま湯で流してください。熱湯を使った場合、髪に残っている白身が固まってしまいますので注意して。

【3】オリーブオイルシャンプー
オリーブオイルには、ビタミンEをはじめ、スクワラン、ポリフェノールなど、ヘアケアには必要な天然の栄養をいっぱいに含んでいます。使い方はシャンプー前に、オリーブオイルで頭皮マッサージをするだけです。またシャンプー後に使えばトリートメント効果もありますよ。

【4】ごま油マッサージ
ごま油もなかなか優れた、ヘアケアの用具です。ごま油はできれば太白ごま油がのぞましいです。ごま油とあら塩をそれぞれ大さじ1杯まぜて、頭皮によくすりこみます。あとはシャンプーして洗い流せばOKです。

【5】アボガドヘアパック
「森のバター」と呼ばれるアボガドは、脂肪分たっぷりの野菜。そのうえミネラルやビタミンも豊富で、体を健康に保ちます。日に焼けて傷んだ髪を、アボガドでパックすると、髪に潤いを与えてくれますよ。やり方は簡単です。アボガド1/2個(ロングへアは1個)を皮と種を取り除いて、よくつぶしましょう。このペーストに椿やホホバなどの植物オイルを小匙1杯加えて混ぜ合わせると、アボガドパック剤が出来上がります。髪をよくブラッシングして、汚れやホコリを落としたあとに、パック剤をもむように髪全体に塗った後、ラップで頭を包みます。さらに上からタオルを巻いて30分間ほどそのままにしておきます。その後クシで髪をすいてパック剤を取り除いたらシャンプーで流して終了です。

【6】塩リンス
浸透圧が高い塩は、毛穴に詰まった皮脂を浮き出します。さらに頭皮を引き締める効果で、髪がサラサラに。ひとつかみの天然塩を洗面器にとってコップ1杯のお湯で溶いたら、髪全体になじませます。塩水で頭皮をよくマッサージした後は、5分ほどそのままで。あとはお湯で洗い流します。

【7】ショウガトニック
ショウガの成分ジンギベロールには、血行促進作用が。ショウガトニックは頭皮全体に血液が行き渡る爽快感があります。作り方は次の通り60グラムのショウガを皮ごとすりおろします。つぎに200CCの水で煮だしますが、半分の量になったら火を止めます。これをガーゼでこして、消毒用エタノール100CCを加えたら出来上がり。洗髪後のきれいな頭皮に使うと効果的です。