本文へスキップ

自然素材の洗顔で顔ピカピカ

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

美顔を作る洗顔術


顔がピカピカになった女性のイラスト

【1】
肌がしっとり米ぬか洗顔
玄米の精米時にでる、表皮や胚芽を袋に詰めた「ぬか袋」は、天然の保湿成分がたっぷり。我が国では昔から石けん代わりに用いられてきました。米ぬかは玄米精製時に出る種皮や胚芽などの部分で、油分やビタミン、ミネラルに富み、肌の汚れを落とすだけでなく、潤いや滋養を与えてくれます。石けんのような泡だちはありませんが、余分に皮脂を奪わないので、洗い上がりの肌はしっとりと自然。長い間日本人の肌を守ってきた伝統の洗顔料です。

(1)「ぬか袋」の作り方
1米ぬかを準備
自宅に精米機があれば自分で玄米を精米します。ない場合は米屋やスーパーで入手できます。
米ぬかの写真

2布良のガーゼにのせる
清潔な布良のガーゼに米ぬかを大さじ1程度をのせます。

3口を縛って出来上がり
ガーゼに包んだ中身がこぼれないように、しっかり口を縛ります。ガーゼのかわりにお茶パックに入れて用いることもできます。
米ぬかをガーゼに包んだ米ぬか袋


(2)「ぬか袋」使い方

ぬるま湯でぬか袋をよくもんだのち、そのお湯で洗顔しますが、直接顔を袋で、くるくるマッサージする方法も。使った「ぬか袋」は保存できません。化粧品とちがって「ぬか」は天然の素材です。いったん使うと腐りやすいので、そのつど新しいものを使いましょう。

・注意!白米のとぎ汁は効果うす
無洗米などのように、現代の白米には米ぬか成分が含まれていないお米もあり、とぎ汁には美容効果が期待できません。ちなみに白濁したとぎ汁は澱粉で、米ぬか成分ではありません。



【2】あずき

小豆のイラスト

あずきの成分サポニンが、毛穴まわりの脂よごれや、角質化した肌をいたわります。軽く炒ったあずきを、すり鉢ですりつぶし、洗顔料や米ぬかに小さじ1を混ぜて使います。細かいパウダー状となったあずきの粉には、スクラブ効果も期待できます。



【3】絹
〜舞妓さんに伝わる絹洗顔

まゆ玉のイラスト
古い絹の着物の端切れや、まゆ玉などでやさしく肌をマッサージすると、あか抜けた素肌に。これは京都の舞妓さんの間で伝わる、石けんを使わない、絹だけで素肌を磨く洗顔法です。絹たんぱくの働きで古い角質や皮脂の汚れが落ち、肌がしっとりとなめらかに。まゆ玉はぬるま湯で柔らかくほぐしてから使います。まゆ玉は今では100円ショップにも置いてあります。



【4】酢

酢のイラスト

殺菌効果が強い酢には、肌をすべすべの弱酸性に戻す働きも。洗顔の仕上げには、洗面器の湯に数滴の酢を落とした酢水で、顔をすすぎましょう。すべすべの肌がよみがえります。




【5】野菜ネット

洗顔料を上手に使うには、きめこまかな泡が必要です。その泡に肌の汚れが吸着するからです。泡でなでるように洗うと、洗顔料の成分が生きてきて肌の潤いが違ったものに。みかんやたまねぎなどの野菜ネットは、こうした泡を立てるのに
最適な泡だて器です。




【6】塩
〜ハリとつるつるの美肌づくりに
・洗面器にひとつまみの塩を溶かしたぬるま湯で洗顔すると、肌が浄化されて、つるつるに。塩の持つ殺菌効果で、にきびや吹き出物の予防にも。
・小鼻の黒ずみは、塩とオリーブオイルを指先につけて、マッサージします。毛穴まわりの汚れが落ちてスッキリしますよ。塩はミネラルたっぷりの天然塩を用いましょう。