本文へスキップ

暮らしに役立つおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

洗濯の知恵

・おふろの残り湯パワー!
衣類の汚れは20度以上のお湯で落ちやすいため、まだぬるいお風呂の残り湯は強力な洗濯の助っ人です。また酵素を使ったバイオ系の洗剤の場合、30度くらいで酵素が働き始めます。残り湯の汚れも、洗剤の海面活性作用により付着を防げるので、心配ご無用です。残り湯は何も節水だけが目的ではなかったのです。でもすすぎは必ず新しい水でおこないましょう。

・木綿の服の色落ちは塩で防ぐ
洗剤と同じ量の塩を洗濯時に加えるだけで、木綿の色柄衣類の色落ちが防げます。塩に含まれるマグネシウムやカルシウムなどの金属イオンは、衣類に使われている染料と結びつくと、染料を安定させる働きがあります。

・黒系衣類の色落ち防止
衣類の退色のおもな原因のひとつに、水道水があります。水道水には退色作用のある塩素が、通常1リットルに1ミリグラム含まれています。微量ですが、それでも素材によると色落ちすることがわかっています。特に洗濯後の長時間のすすぎには気をつけたいもの。というのも洗剤の多くは、塩素による色あせ防止の成分が入っているものの、長い時間すすぐことで、その力がなくなるからです。黒系衣類の色あせ防止は、塩素による被害を食い止めるために、裏返しにして洗濯ネットに入れて洗いましょう。洗剤は蛍光塗料を含まないものを。洗った後に蛍光塗料の光る成分が衣類に残っていると、白っぽく目に映ることが多いからです。なお洗濯中に塩を大さじ三杯加えると、さらに色落ち防止が強化されます。干すときも紫外線による退色防止のために、裏返しにして、直射日光を避けて陰干ししてください。

・塩で新品ジーンズの色落ち防止
ジーンズなどの合成染料の衣類は、おろす前にたらいの水に塩大さじ1を溶かした塩水にひと晩つけておくと、ジーンズの色落ち予防に。洗濯機のすすぎのときに、酢1カップを加えても同様の効果が。

・黒系衣類は糸くずに気をつけて洗濯
黒や紺系の衣類は、糸くず付着防止に、ネット(ストッキングでの代用可)に入れて洗濯するのが基本。うっかり忘れて、糸くずや綿ぼこりがたくさんついてしまったらミカンやタマネギなどが入っているナイロンの網袋を端からくるくる巻いてボールのようにして衣類をこすると、細かいくずまですっきりとれますよ。


かしこく洗濯♪
女性が楽しく洗濯しているイラスト