本文へスキップ

暮らしに役立つおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

失敗した料理をカバー

料理を失敗して落ち込む女性のイラスト
−目次−
【1】煮魚を焦がした場合
【2】水っぽくなった白和え
【3】酢のものが水っぽくなったら
【4】おひたしにしょうゆをかけすぎた時
【5】ハンバーグを焦がした時
【6】味付けに失敗した葉野菜のおかずは
【7】味付けに失敗したおかずは
【8】豚カツが半生。揚げ直す以外の調理法は?
【9】シチューが塩辛い場合は
【10】水っぽくなった野菜炒めは
【11】塩辛くなった煮物は


【1】煮魚を焦がした場合
煮魚を焦がした時はあわてるものです。でもこんなとき、すぐに鍋に水を加えたり、こげをそいだりすると、もっと取りかえしがつかないことに。魚全体に鍋の焦げの臭いや味がついてしまいますよ。こういうときは火を止めて、鍋がすっぽり収まるくらいのバットかボウルに水を張ります。そして鍋ごと水につけて、熱くなった鍋を冷ますのです。鍋の熱が取れると、魚が取りだしやすくなります。フライ返しを使って鍋の中の魚をすくいとり、皿に移します。つぎに別の鍋で熱い煮汁を作りましょう。これを取り分けた皿の魚の上にかけるのです。冷めてしまった魚も温まり、おいしい煮魚になりますよ。この方法はひどい焦げつきでなければ、ぜひお試しください。


【2】水っぽくなった白和え
豆腐の水切りが足りなかった場合、水っぽい白和えができあがります。こういう時はすり白ごまを加えると、ごまが適度に水分を吸収してくれます。またはひじきを混ぜてもOK。白和えの味付けが薄くなった場合は、白みそを少量加えるとおいしくなりますよ。


【3】酢のものが水っぽくなったら
水っぽくできあがった酢のものには、炒り卵をまぜてみましょう。水っぽさを卵が吸いとってくれます。酢が強すぎた場合は、本みりんのアルコールを飛ばした「煮きりみりん」を加えると、酢が抑えられたまろやかな味わいに。


【4】おひたしにしょうゆをかけすぎた時
おひたしや和えものに、うっかりしょうゆをかけすぎた時は、皮をむいた生のジャガイモを入れて、しょうゆを吸収させましょう。このジャガイモは別のおかずの食材にするとOK。しょうゆをかけすぎた時に水を足すと、うま味が抜けるので、気をつけて。


【5】ハンバーグを焦がした時
ハンバーグを焦がした時は、焦げたところをまず包丁でそぎ落とします。そして目玉焼きやチーズなど、ハンバーグと相性のいいものをそいだ上にのせてカバーしましょう。また調理で割れてしまったハンバーグは、ブラウンソースを煮詰めてからかけると目立ちません。焼きすぎて水分がなくなり、ボロボロになったハンバーグは小さく崩してチャーハンの具にしましょう。 


【6】味付けに失敗した葉野菜のおかずは

味付けが濃かったりするなど、料理に失敗した根菜や葉野菜のおかずは、細かく刻んでからたまご焼きの具にすればセーフです。


【7】味付けに失敗したおかずは
野菜や肉、その他の味付けに失敗したおかずはみじん切りして、小麦粉2水1で練った生地の中に入れて焼けば、おいしいおやきに。


【8】豚カツが半生。揚げ直す以外の調理法は?
・半生の豚カツをひと口サイズに切ったら、ペーパータオにのせて、ラップをかけずに40秒程度電子レンジで加熱します。油分な脂もペーパータオルに吸収されてカラッとした仕上がりに。
・ソテーしたタマネギやニンニクを加えて、トマトソースやデミグラスソースで煮込んでもおいしいメニューに。


【9】シチューが塩辛い場合は
タマネギをすりおろしたり、薄切りにして炒めたものを加えると、タマネギの甘みで塩辛さが緩和されます。またカレーに入れるようにすりおろしリンゴを加えても。塩や胡椒は高いところから振りかけると部分的に固まらず、全体的にいきわたってムラがなくなります。


【10】水っぽくなった野菜炒めは
・炒めすぎると、野菜から出る水分で、野菜炒めが水っぽくなってしまいます。こういう時は麩を適当な大きさに割って加えると、麩が水分を吸ってくれるだけでなく、水に溶けた栄養も一緒に吸収するので、料理が無駄になりません。
・水で溶いたかたくり粉を加えて、とろみをつけると、あんかけ風のメニューに。


【11】塩辛くなった煮物は
こういう場合は、適当な大きさに切ったジャガイモを加えましょう。ジャガイモが塩辛さを吸収してくれますよ。また豆腐を足せば、豆腐の水分で塩辛さが調整されます。また麩を入れて煮汁を吸わせて味を調える方法も。