本文へスキップ

暮らしに役立つおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

 ワイシャツの汗ジミ防止



■アイロン用のスプレー式洗濯のりで防ぐ

ワイシャツのえりについた汗は、放置しておくとだんだん酸化して、やがては黄ばみや黒ずみに。夏季だと菌が繁殖して悪臭を放ちます。いったんついた皮脂汚れは、水で洗ってもなかなか落ちません。シミを抜くには皮脂をまずは溶かすこと重要で、それには脂の溶解温度の40度以上のお湯を使います。このときにクレンジングオイルを使えばより効果的です。いったんついたら面倒なこの汗ジミを防止するには、アイロン用のスプレー式洗濯のりを吹き付けておくことをお奨めします。吹き付ける場所は、ワイシャツの脇の下やえりもと、そでまわりです。のりが繊維をコーティングするため、皮脂の付着が避けられます。着終わったワイシャツはそのまま洗濯できるので手間いらず。

■ベビーパウダーで首まわりのシミを防止
ワイシャツを着る前にコーンスターチが原料のベビーパウダーをえりまわりにふっておけば、含有成分が首周囲の汗の汚れや皮脂を吸い取ってくれて、汗ジミができるのを防いでくれます。

■えりやそでの皮脂汚れには歯磨き粉
ワイシャツのえりやそでの皮脂汚れは、通常の洗濯機洗いではではなかなか落ちません。洗濯機を使う前に、洗う下ごしらえが必要です。歯磨き粉をつけた古歯ブラシを用意して、シャツの生地にそって丁寧に汚れを落としていきます。汚れがとれたら、通常通り洗濯機で洗いましょう。