本文へスキップ

暮らしに役立つおばあちゃんの知恵袋

TEL. 090-1211-0042

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

室内掃除の知恵袋


おばあちゃんのお掃除塾です♪
 おばあちゃんのイラスト
 
おばあちゃんの知恵が伝えるエコロジカルでエコノミーな、昔ながらのお掃除の方法をご紹介しています。
 
【1】茶殻で畳のお掃除

 茶殻で畳のお掃除のイラスト茶殻のイラスト
 
おばあちゃんの知恵が伝える室内掃除は、お茶殻を用います。市販の化学洗剤は肌に良くない成分も。赤ちゃんや子供の肌は敏感でデリケートです。なるべく肌に刺激を与えない天然素材でお掃除しましょう。茶殻のお掃除は本当に簡単。使い終わった茶殻を畳にあけて、広げ、それをほうきで丁寧にはいてちりとりへ。掃除機では取りにくい畳の目に入った細かい繊維くずやほこりなどが、茶殻の水分によりくっついて、茶殻と一緒にお掃除されます。また茶殻がない時は、濡らした新聞紙をちいさくやぶって、畳にまいても。これも新聞紙の水分が小さなごみやほこりを新聞紙に吸着して、畳をきれいにしてくれますよ。あとは新聞紙をほうきではいていけばOKです。なお玄関のたたきなど、水が使いづらい場所のお掃除も、この水を濡らした新聞紙を使えます。


【2】畳の黄ばみは酢水で

 畳の黄ばみを酢水で掃除するイラスト酢のイラスト

日に焼けて目につく畳の黄ばみ。でも畳がえをするのは大変ですね。そこで酢水を用いると、畳の黄ばみが目だちにくくなりますよ。「酢」には漂白効果があるのです。やり方は簡単です。まず酢水をつくりますが、分量はバケツ半分の水に大さじ2杯のお酢を目安にします。雑巾を酢水につけた後、しっかり絞って、畳の目に沿って拭いていきます。ただし畳の縁を拭くのはNG。縁に使われている繊維によっては、酢で変色する恐れがあるからです。なお畳は湿気と日光を嫌うため、行う日は晴れた午前中がベストです。窓を開放して風を入れ、畳を拭いた水分が残らないようにします。


【3】畳の汚れも酢水でOK
畳表はイグサの茎を編んで出来たものですが、イグサの茎の中はスポンジのような構造で、イグサの表の皮がこすれてむけてしまうと、中によごれやほこりがにじみこみます。またカビが発生することも。汚れを落とす作用のある酢水で畳を拭くと、汚れをとって殺菌し、しかも畳の表面に酢水が膜を作るので、汚れやカビから守ってくれます。酢水の分量は、前項の黄ばみとりと同じです。ただし注意点がひとつ。新しい畳に酢水を用いると、畳が変色する可能性が。新品の畳や、表替えして半年たたない畳には、酢水の掃除は控えて下さい。


【4】白い絨毯の汚れには小麦粉

 白い絨毯の汚れを小麦粉で目立たなくするイラスト古歯ブラシのイラスト

白い絨毯が黒ずんできても、頭を抱えることはありません。小麦粉を使うとかんたんです。白い小麦粉を絨毯にふりかけてブラシでこすり、細かい汚れや埃と絡ませます。そのあと掃除機で、小麦粉を吸い取ると、絨毯に白さが戻ります。


【5】米のとぎ汁で床拭き

 米のとぎ汁で床を拭くイラスト

フローリングの掃除は、米ぬかでふくのが一番ですが、
米のとぎ汁を使ってもツヤがでますよ。とぎ汁に浸して固く絞った雑巾で、床をふくだけでOK。とぎ汁に含まれる米ぬかの油分がワックス効果となり、床がピカピカになります。ワックスのように臭いも残らず人体にも安全です。ただし無洗米の場合は米ぬか成分がありませんので注意してくださいね。
 

【6】大根おろしで家具みがき
 
   大根のイラストおろし金のイラスト

白木の家具の手垢の黒ずみは気になりますね。しかしこうした木の家具の手垢汚れは、大根おろしで、落とせますよ。大根には脱色効果のある酵素が含まれていて、それが色素汚れをきれいにしてくれるのです。大根おろし汁にひたした布巾で家具の汚れをふき取ります。あまった大根の皮は窓拭きに。手垢で汚れた窓がピカピカになります。


【7】家具の傷にはインスタントコーヒー

  インスタントコーヒーのイラストたんすのイラスト

引っ越しの時に擦ったり、子供がつけてしまった、家具のひっかき傷。こうした傷には、綿棒にインスタントコーヒーを溶いた液を染み込ませて、それを傷に塗ると目立ちません。液の濃さは家具に合わせて調整します。家具と同色の靴クリームを利用する方法もあります。 


【8】テーブルの落書きは、
みかんの皮で消える!

          
 みかんの皮のイラストテーブルのイラスト
 
頭を抱えるのがテーブルの油性ペンの落書きです。こうした落書きは、みかんの皮でこすりとります。皮をつまみやすい大きさにちぎったら、黄色い方を表にして、二つ折りにして汁を絞り出しながら、皮で落書きをふき取ります。この皮の油分のリモネンが汚れを落としてくれるのです。ふきとった後は、シミにならないように水拭きをしておきましょう。落書きを見つけたら、なるべく早く落とす方が効果的です。みかんがない場合は、除光液を含ませた布を落書きに当てると、汚れが溶け出してきます。汚れを広げないようにそっとふき取ります。仕上げに布を変えて、もう一度除光液でふいておきましょう。


【9】換気扇の掃除は重曹で
 重曹のイラスト換気扇のイラスト
換気扇についた油汚れは酸性です。こういう場合はアルカリ性の重曹を使うと、きれいに落ちますよ。重曹を水で溶いてペースト状にして、外した換気扇の汚れの上に塗り、そのまま30分ほど放置します。そのあと浮いてきた汚れをスポンジで拭き取り、水洗いをするとピカピカに。
   

【10】ステンレスの汚れは大根の切れ端で
 大根の切れ端のイラスト
シンクのイラスト
 
汚れたステンレスのシンクは、大根の切れ端で拭きます。大根にはデンプンや脂肪、タンパク質を分解する酵素が含まれているのです。さらに頑固な汚れには、大根の切れ端に重曹をつけて下さい。また使い終わったお茶パックでシンクを磨いても、成分のタンニンが油汚れを取ってくれますよ。